2011年07月12日

絵のなかの「つきまる」







かわいいイラストが目をひく


読売新聞 夕刊のコラム






001 (500x334).jpg





東京都内のいろんな「3丁目」を


イラストレーター・宮川いずみさんが散策するという


ユニークな企画


7月5日発売号は 「西荻北3丁目」の紹介でした。




散策中 ふらりとお店にはいってくれた


宮川さん イラストのイメージそのままの


ほんわかした人柄で たのしくお話しさせていただきました。



帰りに 「つきまる」の写真を ぱちり


そして わざわざ とどけてくれた 夕刊


わくわくしながら


3丁目を凝縮したイラストを みると…





004 (334x500).jpg 





かわいい 「つきまる」があった〜


古本屋さんや レトロ喫茶など


西荻の顔的な お店さんたちにまじって


「つきまる」が〜〜  とってもうれしい。


開店して もうすぐ3か月 


いまでも


「わたしが お店をやってる・・・これは 夢なんじゃないか」


って ふと思うときもあったのですが


絵の中の 「つきまる」の姿をみて


実感がわいたというか・・・




奮い立った!って 


いま こころが言っています。




宮川さん かわいい「つきまる」ありがとうございました。

 












posted by otsukisan at 13:32| お店について

2011年05月12日

●・○ 自己紹介 ○・●








はじめまして。こんにちは。



これまでのブログで



旅にっきや「まるいもの」のご紹介してきましたが



もうすぐ開店3週間!



あらためて 「つきまる」の自己紹介をさせてください。



(これまでが とうとつなような気がしたので…)






つきまるweb.png





「つきまる雑貨店」は 店主が世界で買い付けてきた



雑貨とこどもふくのお店です。



お店は西荻窪駅から 徒歩2分の路地裏にあります。



この街の空気感と 住む人の個性がすきです。



テーマはまるいもの=iどこかが丸かったらOK)



「なににつかうかわからないけど、かわいいもの」



「日本にはないデザイン」をセレクトしました。



また 子どもをもつ母親の目線で



普段使いできる洋服や



われない食器を たくさんあつめました。



お洋服は タイや韓国のこどもふくブランド



お子さんをもつデザイナーさんが



心をこめて作った 手づくりの作品です。



だから かわいいだけでなく



動きやすさや 着脱のしやすさもちゃんと考えられています。



縫製は 正直いって国産のものに比べると劣ってしまいますが



そこは、タイのお母さんが作った手づくりの味として



また価格の面でご考慮いただけたらと思います。



直接お店に来られない方には 通信販売が可能です。



サイズや 着用感など



どうぞお気軽にHPのメールからお問い合わせください。



こんごとも「つきまる」をよろしくおねがいします。






● ● ● 店主プロフィール ● ● ●


マツバラアイコ


1982年生まれ 香川県出身


大学卒業後 西日本放送にて報道記者として勤務


「雑貨屋さんになりたい」という夢のため東京に上京。


恵比寿のセレクトショップ「naughty」に勤務


2010年6月 むすこを出産


2011年4月 つきまる雑貨店 開店  



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●










posted by otsukisan at 11:47| お店について