2015年03月01日

▲ タイ 子連れ旅にっき 1 ▲







数日間 ブログやSNSの配信をおやすみして


実店舗の陳列・値付け・通販業務に 集中させていただきました。


おかげさまで お店もかわいくなり 気分もスッキリ!!






image.jpg






そうこうしてたら もう3月! 


はっやっ(@_@。


タイ・親子買い付け旅にっきを 書きはじめたいとおもいます!


もう一か月も 前の話になってることが まずオドロキ☆



滞在期間 ▲ 1/30〜2/9  ▲

訪問都市 ▲ バンコク6day チェンマイ4day パタヤ1day ▲



image.jpg



旅のお供 ▲ 月ちゃん 4才 ▲  

飛行機は 成田 ⇔ ドンムアン空港(バンコク)発着のLCC航空

飛行時間は 6〜7時間

LCCは テレビモニターや音響設備もなく 

時間つぶしは自力でしなきゃいけない。。。 でも

行きは 早朝 帰りは 深夜便だったため

どちらも離陸する前から 親子で爆睡でした(-_-)zzz 

月ちゃんは赤ちゃんの頃から 「乗り物にのる=寝る」ので 助かってます。



image.jpg
(バンコク初日 募金活動をする兵隊さんと)



バンコク・チェンマイ 2都市のホテルに滞在

あとチェンマイまでは深夜バスを利用しているので

往復2泊分は バス泊(ちょうど21−6時までの9時間移動なのです)

それぞれの都市で

せっかくなので いろんな地区にとまってみようと 2泊ごとに宿を変えました。

(やっぱり私はムダに引っ越し好き…)

ダブルで 1泊2000〜3000円  

月ちゃんは さいしょにとまった

このピンクの部屋が一番すきだそう。

マンションの一室を 短期滞在用に改装していて 広かった!



image.jpg



今回の旅は 息子と旅することも大事だけれど

バイヤーとして買い付け仕事が目的なので

月ちゃんは

バンコクでは 平日3日間10−17時まで

一日預かり専門の 保育園に通わせました。

めずらしく色々下調べしていたつもりだったけど

やっぱり予想外なことがおこるのが 海外・・・



image.jpg

image.jpg



初日の朝 運河ボートで さっそうと登園!

月ちゃんは 「ディズニーランドみたいだね〜」と

無邪気に はしゃいでいましたが

この移動方法になったのには ある理由が!

朝 たてつづけに タクシーの乗車を拒否されたんです。

メータータクシーの運ちゃんは 稼ぎが悪い行き先を希望すると

しばしば 乗車拒否してきます。

特に 朝夕は 交通渋滞がひどく

5キロの距離のお客さんを乗せて 時間をロスするより

ワンメーターの範囲で たくさんお客さんを乗せるほうが

たしかに 効率がよいですよね。

なんせタイの人は 少しの距離でも歩くのが嫌いなようで

バイクタクシー・トゥクトゥク・タクシーは かなり需要が高いです。

だから運ちゃんのほうから拒否してくるのは 当たり前。

バイタク・トゥクトゥクは 近距離専門なので

5キロ以上距離のある保育園にいくため

朝のタクシー移動をあきらめ 運河ボートで乗船

ローカル度98%でしたが 乗り合わせた親切な地元の人たちに

行き先とか 乗り降りとか助けられ

なんとか保育園までたどり着けました。



image.jpg



人見知りしないコなので 入園にあたり そのへんの心配はなかったのですが

英会話の園のため 意思の疎通ができるのか

わたしのほうがドキドキしながら 送り出しました。

でも お迎えにいくと 

「たのしかったよーボールであそんだーご飯もおいしかったー^^」

と 一日の出来事をたくさん話してくれる 月ちゃん

駐在の日本人の子どもが多いため 日本語を話せる先生が

ちゃんとサポートいついていてくれてて 一安心

3日間 毎日楽しく通わせてもらいました。

さて

つづきは バンコクのおいしいゴハンのハナシでも・・・♡






***  毎日配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



● ● ● ● ● つきまる雑貨店 ● ● ● ● ● 



東京都杉並区松庵3−31−3

西荻ハイツ101

03−6478−9155

通販・HP → 

お問い合わせメール →



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●





posted by otsukisan at 17:25| 旅にっき

2015年02月04日

どうなる!? つきまる親子旅 〜リサーチ編〜







前回 「息子を旅につれていく決心」をしました。


そこで 出発前にできることは 予約しておこう!


まずは 買い付けのあいだ 息子を預けられる


「託児施設」をさがすことにしました。


そこで 参考にしたのが


バンコクに駐在する日本人ママさんの ブログ


とくに 同世代のお子さんがいる方の記事が大変役に立ちました。


いくつかの候補の中から選んだのは


「英語をおしえる保育園で 1日預かりのサービスがある」ところ


ここなら オールタイ語ではないし


外国人(タイ人以外)の利用者の対応にも慣れてそう・・・と予約。


先生に聞いたところ 日本人の子どもが大半で


日本語がしゃべれる先生もいるとのこと。 ひと安心。


平日のみですが 9−17時 900バーツ/日


東京での託児所の 半額くらいでしょうか。


保育園がきまれば つぎは 「ホテル」さがし


そこで参考にするのは






image.jpg






ガイドブック 「歩くバンコク


観光情報を省いた分 とにかく 薄くて 地図が細かい!


地区ごとに トイレが借りられる場所や ぼったくり注意の店など


現地に住む日本人の方の ミニ情報が反映されています。


毎年新刊が発行され 情報が更新されるので


いつも 「ソウル版」とあわせて買っています。


今回は 保育園のある地区と電車の路線がおなじで


市場の最寄り駅にも 乗り継げ


なおかつ 郵便局が近いところにしました。


さいごの「郵便局にちかいところ」 観光だと関係ありませんが


買い付けをする場合 けっこう重要な条件です。


ホテルは 7〜800バーツ/日


いつもは 2〜300バーツなので 倍以上。


そのかわり 部屋は広めで 温水シャワーです。


今回は バンコク ― チェンマイ ― バンコクというスケジュールなので


3か所 宿を予約しておきました。


リサーチは 地図をみつつ ホテルの予約専用サイト「agoda」で予約。


その際 必ずホテルの利用者の「クチコミ」を見るのですが


世界各国から口コミが寄せられるなか


なんとなくだけど 日本人の利用率・評価が高いところを選んでます。


必須予約が済んだら 「バンコクナビ」をみつつ


おいしいゴハン屋さんを リサーチ


たいがい 現地にいくと 疲れ果てて


ゴハン屋さんさがしどころではなくなり


お目当てのお店に 行けたためしがないのだけれど 


いろんな写真をみながら 夜な夜なネットサーフィンするのが


妄想ふくらむ 出発前の一番たのしい時間です・・・(#^.^#)






***  現地から配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  





posted by otsukisan at 19:00| 旅にっき

どうなる!? つきまる親子旅 〜決心のとき〜







タイへの買い付け旅 2015.2


ただいま バンコク → チェンマイに移動しています。 


こんかいの 旅のお供は


この方 ↓






image.jpg






お山の大将


月ちゃん 4才7ヶ月


買い付けに同行させるのは 今回で2回目


前回は  1才11ヶ月の韓国でした。






406 (375x500).jpg






このときは 主人や 友人家族もいっしょで


買い付けのあいだも みんながお世話してくれたので


なんの不安もなかったけど


今回は 2人きり しかも10日間!


ほんと 「どうなる!? つきまる親子」


事の発端は きょねんの12月。


年末セールで 格安だったバンコクまでの航空券


月ちゃんも4歳になったし そろそろ一緒にいってみるか!


と、、いきおいで 2人分 ネットでポチッと手配。


「キャンセルできません」というパソコンの確定画面をみて


はじめて 「大丈夫かな?」と そわそわしたものです。


帰宅後 主人に告白。


「・・・・もうチケットかってしまったんやろ?」


「う・・・うん」


「じゃあ どうしようもないやん」


という お言葉をいただく。


わたし → 事後の相談は「どうしようもない」と悟る。


実家の帰省の際 父・母に そろ〜っとカミングアウト


「安すぎるホテルには泊まらない」


「危険な市場には連れて行かない」 と約束。


たぶん 反対しても仕方ないとおもったのか 


「まぁ。。。。気をつけてね。」という お言葉をいただく。


両親 → 「この娘 どうしようもない」と悟る。


さぁ


ここまでくれば あとは実行のみ!


まず最初の課題は・・・


「買い付けのあいだ 息子はどう過ごさせる?」


市場は


気温40℃ 人ごみ 言葉は通じない


そして 私もいっぱいいっぱいと 危険がいっぱい!


息子のためにできること それは・・・・


次回 「出発前の手配について」につづきます。 






***  現地から配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



posted by otsukisan at 17:00| 旅にっき