2015年03月13日

▲ タイ 子連れ旅にっき 4 ▲







前回まで タイの首都・バンコクでの滞在記 

→ まで日記にしました。

きょうは

バンコクを発ち 5日間滞在した都市・チェンマイの日記をかきたいと思います。

チェンマイは バンコクより700km北に位置し

広島−東京間と おなじくらいの距離みたいです。

本来は バンコク−チェンマイ間は飛行機でいくのが一般的ですが

つきまる親子は 深夜バスで 9時間かけて移動 

夜発 早朝着なので 寝てる間に着きますし

一泊分のホテル代も節約できます。

そして なにしろこのバスが 広くて快適!






image.jpg






ゲームもできるオーディオ類だけでなく

のびのびリクライニングの マッサージチェア。

軽食2回と スナック菓子ですがオヤツとジュースつき

目新しい設備に 最初は興奮ぎみの月ちゃんでしたが

1時間後には夢の中・・・ZZZZ






image.jpg






朝靄のかかる チェンマイにおりたつと

ひんやりした空気 にわとりの声

すぐさま あ〜ここはやっぱりいいなぁ〜と

故郷にかえってきた懐かしい感覚になります。





image.jpg





ホテルも レトロで落ち着く空間

2月のはじめだったので まだエアコンは必要ないくらい

しかし

山間部なので 昼と朝晩の寒暖差がはげしく

蚊がおおいです。

なので ベッドの蚊帳は オシャレな演出のようにみえて必需品。






image.jpg






なんといっても朝の時間がきもちがいいので

毎日 ふたりでお寺を散策しました。

チェンマイは 歩けばお寺に当たるといってもいいくらい

たくさんのお寺があります。






image.jpg






オレンジの袈裟姿の若い僧侶さんが

托鉢する行進が見られるのも 朝ならでは。

コンビニ前では 通勤前の地元の人たちが

次々と食べものを僧侶の鉢にいれ お経を唱えてもらっていました。

なるほど・・・托鉢は 各家庭をまわり

ゴハンを入れてもらい それが僧侶たちの食事になるわけですが

いろんな家庭の朝ごはんを そのまま鉢にいれられて

最終的に いろんな味の混ぜご飯になってしまったのを食べるより

コンビニ前に立ち 包装されたパンとか果物をもらったほうが

おいしくいただけそうですもんね^^






image.jpg

image.jpg






わたしたちの 朝ごはんといえば

屋台の揚げパン+ホット豆乳

(写真の揚げパンは リクエストすれば おじちゃんが 動物の形をつくってくれる!)






image.jpg






ときには 豪華にブランチを(といっても二人で1000円位)

パパイヤ マンゴー スイカにイチゴ

さすが 南国 フルーツがなんでもおいしい!






image.jpg






お腹がみたされたら

お昼は 市場で買い付け

チェンマイでは 月ちゃんは保育園に預けず買い付けに同行させました。

バンコクとはちがい 市場もごみごみしてないし

過ごしやすい気温のおかげで 私も心と体にゆとりがもてたので

5日間 これといってトラブルもなく楽しく過ごせました。






image.jpg






チェンマイの市場は 山岳民族や中国圏の民族の人たちが

営んでいるので 日本の子と顔が似ています^^

月ちゃんは 必死に 「ゴーゴーゴー♪」

「トッキュウジャーの歌だよ!」と どうにか現地のコたちと

戦闘ヒーローの話で盛り上がろうとしていましたが

みんな ぽかーーーん なのが

傍から見ていて おもしろかった^^;






次回も チェンマイのお話 つづきます・・・




***  毎日配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



● ● ● ● ● つきまる雑貨店 ● ● ● ● ● 



東京都杉並区松庵3−31−3

西荻ハイツ101

03−6478−9155

通販・HP → 

お問い合わせメール →



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●



posted by otsukisan at 18:51| 旅にっき

2015年03月04日

▲ タイ 子連れ旅にっき 3 ▲







前回は バンコクの「おいしいもの日記」でした。 

都市を

バンコクから チェンマイに移動するまえに

わたしが 旅して感じた

「タイの人ってこんな人」っていう アルアル話をすこし・・・






国王LOVE!



DSC02232 (333x500).jpg






プミポン国王は 御年87才

現在 世界で最も在位期間の長い国王で

国民から 絶大な信頼と尊敬を得ています。

到着早々 空港 街なか いたる場所で 国王の特大写真パネルを見かけるはず。

タイでは 曜日ごとに誕生カラーが決まっていて

タイの人は 運勢など その色を重要視します。

国王の生まれた曜日は月曜日なので 誕生カラ―は「黄色」

ですので 月曜日になると タイの人は 国王への尊敬の意思表示として

「黄色の服」を着ています。






image.jpg






さいしょ 学生たちを見て

「校則だからかな〜」と思っていたのですが

街なかの店で 今どきの女性店員さんも着ていて・・・

(なんと胸元には国王の顔バッチまで!)

年配の方だけでなく 若い人たちからもリスペクトされてて

皆が 自発的に尊敬の念を表しているのに 驚かされました。






こどもLOVE!



タイの人は 基本シャイですが 親切です。

それは 前から気づいていましたが

どうやら 「子ども」 特に「日本の子ども」は大好きなようです。

赤ちゃんならまだしも もう4才 しかも男なのに

「かわいい かわいい」と

女学生に ことあるごとに 記念撮影をせがまれ・・・



image.jpg



image.jpg

(けっこうがっつりめな抱擁♡ 背後の女性のアクビ。。。(@_@。)



あと 電車内で お年寄りや子どもには

混雑した車内でも 皆すかさず席をゆずります。

日本にもある習慣だけど・・・印象にのこりました。



image.jpg



マッサージ屋さんでは

わたしの横で ちゃっかりマッサージをしてもらったり・・・

「これ あとで料金プラスされるんじゃ・・・」と

疑ってしまう(ごめんなさい(>_<))くらい サービスを受けました。



image.jpg



上の写真は なんちゃって父子の図

公園に 遊びにきていた お父さんとお子さん

お父さんがシーソーで 一休みしているところに

月ちゃんが近づくと 快く乗せてくれ ずっと漕いでくれました。



前ページにも書きましたが タクシーの運ちゃんも

乗車拒否をしてきたり 客引きしてきますが

それは 彼らの商売上当たり前のこと。 

あるとき 月ちゃんが 「バスに乗るの!」とタクシーの客引きを断ると

バスがくるまで 遊んでくれたあと

「よし!このバスに乗れ!」と

タクシーの運ちゃん総出で バスをとめて誘導してくれたり・・・

たぶん

大人だけの旅では タイの人の無償の優しさは

そこまで気づかなかったと思います。



image.jpg



さいごに おなじ日本人ですが

タイに駐在員として 住まわれている モカさんファミリー

モカさんとはインスタグラムを通じて 以前からネット上で交流していて

バンコクで 連絡をとってみたところ

なんと! 私たちが滞在するホテルと

通り一本ちがうだけの場所に 住まわれていることがわかり!!

「なんたる偶然!!」と 急きょお宅にお招きいただきました。

(写真は 初めまして。にもかかわらず仲良くしてくれた子どもたち)

モカさんに 私が感じた 「タイの人の優しさ」を驚きながら話したところ

「私も 日々感じます。

子どもがいたからこそ交流がふかまった人たちがたくさんいます。」と

話してくれました。

みんながみんな 子ども好きというわけではないと思うので

出逢った人みんなが偶然「いい人」だった。 と言われてしまえば

そうかもしれません。

でも 息子との短期間の滞在の中で いっぱいの優しさを感じたのはたしかで

少なくとも わたしは日本に帰ったら 外国の人への接し方を見習おうと

思わせてくれる 体験でした。






***  毎日配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



● ● ● ● ● つきまる雑貨店 ● ● ● ● ● 



東京都杉並区松庵3−31−3

西荻ハイツ101

03−6478−9155

通販・HP → 

お問い合わせメール →



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●




posted by otsukisan at 16:14| 旅にっき

2015年03月01日

▲ タイ 子連れ旅にっき 2 ▲







おなかペコペコの晩ごはん前に この記事かくのつらいーーー


でも 日本では味わえない


タイのローカルメシを ぜひ見るだけでも楽しんでもらいたくて^^






image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg



屋台ゴハン

辛くないものを選ぶので 月ちゃんは 必然的にヌードルばかり。

(ヌードルは シンプルな味つけで 自分で調味料を足して味を調整します)

屋台ごとに ヌードルの種類がちがうので

バリエーション豊富をたのしめて おいしかったです。



image.jpg



テーブルごとに どん どん っておかれてるの

観葉植物じゃないです 生野菜のセルフサービスです。

辛いスープの箸休め?に みんなバリバリ食べてます。

野性味あふれる食べ方に

月ちゃん ちょっと引いてました。

あと 屋台の衛生問題ですが 子連れでいくときは

屋台の裏をみて 「お皿洗いの現場」を確認

繰り返しつかってそうなタライの水で お皿の溜め置き洗いする店は

暑い時期 とくに要注意かも。



image.jpg



それでも 生野菜を食べないわけにはいけないし

体が欲していたので

夜は レストランやカフェで食事をしました。



image.jpg



一番の贅沢は しゃぶしゃぶの食べ放題!

野菜の種類も豊富で お豆腐や湯葉まで・・・

鍋のお出汁は すき焼き風で

お肉を 生卵につけて食べるのですが

わたしは たっぷりのニンニクでいただきました!

これが 意外な組み合わせで とってもおいしかった!



image.jpg



ドリンク ナンバーワンは

タロイモミルクティー!

タロイモは しゃぶしゃぶのお鍋の具でも食べてみたら

ホクホク おいしくって ハマりました><

アイスミルクティーにしても しつこくない素朴な甘さがおいしかったです! 



image.jpg



市場で 汗をかいたら アイスキャンディー

ジュースを筒にそそいで

氷をいれた缶のなかで ぐるぐる回すと すぐ凍る

っていう昔からの製法

いろんな味があって 1本15円だし ついつい何回も通ってしまいます。



image.jpg



チェンマイに発つ夜に いただいたご飯

現地の辛いカレーじゃなくて 子どもたちだ大好きな

日本の味カレーライス!

ご馳走してくれたのは

すごく偶然つづきで巡り逢えた 日本人ファミリー

カレーライスの記憶といっしょに 一緒に過ごした楽しい時間も思い出す

ずっと忘れられない味です(#^.^#)



旅は いろんな人の出会いがありました・・・つづきは また次回。






***  毎日配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



● ● ● ● ● つきまる雑貨店 ● ● ● ● ● 



東京都杉並区松庵3−31−3

西荻ハイツ101

03−6478−9155

通販・HP → 

お問い合わせメール →



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●




posted by otsukisan at 18:46| 旅にっき