2015年03月17日

▲ タイ 子連れ旅にっき 6 ▲







前回まで タイ・バンコク → チェンマイ

→ まで日記にしました。




チェンマイは 山間にある ちいさな町で

自転車やバイクをレンタルすれば 一日で回れちゃいます。

なので バカンスで来ている西洋人は

車をチャーターして

すこし離れた山の中にある トラ園やヘビ園 アスレチックパークや射的場に

あそびにいっているみたい。






image.jpg






わたしたちも 5日間もいると

さすがに 朝のお寺巡りにも あきてきて

朝の7時から ソンテウ(バンの荷台に客をのせる乗合いバスみたいなの)を貸切って

チェンマイから車で40分ほどはなれた山にある

メーサーエレファントキャンプにいってみることにしました。






image.jpg






寒い・・・標高が高くなるほど 寒い・・・

ソンテウは 屋根とサイドに囲いはあるものの

後ろは 丸開きなので 寒い・・・

長そでの薄手のパーカーをもってきておいてよかった。

それでも早朝は 寒かったです。






image.jpg






8時に到着すると すでにショーがはじまっていました。

ここに来たかったのは

この絵を描くゾウさんが 見たかったのです!







image.jpg






象使いの人が とくに指導するわけでもなく

サラサラサラ〜と 鼻を器用にうごかし 筆をはしらせるゾウさん

何頭か同時にやっているので 

色をたくさん使うコ 植物をかくコ 自分の自画像をかくコ

画風に個人差があるのも 見ていてたのしかったです。






image.jpg






メーサーは ゾウの保護・繁殖もおこなっているので

赤ちゃんゾウがいっぱい

鼻で 抱きしめられると 温かくて

キスされると 顔がベトベトになりました^^;






image.jpg






ゾウと一緒に写真をとると 

バナナか チップをあげるのですが 

月ちゃんが差し出す バナナには 目もくれず

私の手から 素早く紙幣を 鼻で巻きとっていきます!

小象のときから こんな特技があるなんて!!

それでも バナナをあげたくて

果敢に近づく小僧と かたくなに受け取らない小象






image.jpg






おとなのゾウの背中にのって 30分お散歩もしました。

坂道をのぼっていくときは

「思ったほど ゆれないし いい感じ〜」と

親子で 写真や動画をとったりと はしゃいでいたのですが

帰りの下り坂・・・






image.jpg






死ぬかと思った。(月ちゃんが)

(上の写真は まだ 余裕のとき)

急にゾウさんの機嫌が悪くなり(どうやらオシッコしたかったらしい)

横揺れするわ 下り坂だから すっごい前に傾くわで

わたしたち てんやわんや

乗ってるカゴは お腹の前に手すりがあるだけなので

斜めになると 子どもなら その下のスキマから落ちる



ゾウの前足にふまれる! 

私は 片手で手すり 片手で 月ちゃんを押さえるのですが

なんせ揺れてるので すべるすべる

前に乗ってる象使いのお兄ちゃんは ゾウをなだめるのに必死だし。。

突然のパニックのなか 動画には

なぜか親子の笑い声が はいっているのですが

ちらっと映った 顔は かなりひきつっていました(;一_一)



みなさんも ゾウ乗りのときは ゾウさんのご機嫌に気をつけて!

次回 子連れ旅にっき 最終回です☆




***  毎日配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



● ● ● ● ● つきまる雑貨店 ● ● ● ● ● 



東京都杉並区松庵3−31−3

西荻ハイツ101

03−6478−9155

通販・HP → 

お問い合わせメール →



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●






posted by otsukisan at 17:55| 旅にっき