2015年03月04日

▲ タイ 子連れ旅にっき 3 ▲







前回は バンコクの「おいしいもの日記」でした。 

都市を

バンコクから チェンマイに移動するまえに

わたしが 旅して感じた

「タイの人ってこんな人」っていう アルアル話をすこし・・・






国王LOVE!



DSC02232 (333x500).jpg






プミポン国王は 御年87才

現在 世界で最も在位期間の長い国王で

国民から 絶大な信頼と尊敬を得ています。

到着早々 空港 街なか いたる場所で 国王の特大写真パネルを見かけるはず。

タイでは 曜日ごとに誕生カラーが決まっていて

タイの人は 運勢など その色を重要視します。

国王の生まれた曜日は月曜日なので 誕生カラ―は「黄色」

ですので 月曜日になると タイの人は 国王への尊敬の意思表示として

「黄色の服」を着ています。






image.jpg






さいしょ 学生たちを見て

「校則だからかな〜」と思っていたのですが

街なかの店で 今どきの女性店員さんも着ていて・・・

(なんと胸元には国王の顔バッチまで!)

年配の方だけでなく 若い人たちからもリスペクトされてて

皆が 自発的に尊敬の念を表しているのに 驚かされました。






こどもLOVE!



タイの人は 基本シャイですが 親切です。

それは 前から気づいていましたが

どうやら 「子ども」 特に「日本の子ども」は大好きなようです。

赤ちゃんならまだしも もう4才 しかも男なのに

「かわいい かわいい」と

女学生に ことあるごとに 記念撮影をせがまれ・・・



image.jpg



image.jpg

(けっこうがっつりめな抱擁♡ 背後の女性のアクビ。。。(@_@。)



あと 電車内で お年寄りや子どもには

混雑した車内でも 皆すかさず席をゆずります。

日本にもある習慣だけど・・・印象にのこりました。



image.jpg



マッサージ屋さんでは

わたしの横で ちゃっかりマッサージをしてもらったり・・・

「これ あとで料金プラスされるんじゃ・・・」と

疑ってしまう(ごめんなさい(>_<))くらい サービスを受けました。



image.jpg



上の写真は なんちゃって父子の図

公園に 遊びにきていた お父さんとお子さん

お父さんがシーソーで 一休みしているところに

月ちゃんが近づくと 快く乗せてくれ ずっと漕いでくれました。



前ページにも書きましたが タクシーの運ちゃんも

乗車拒否をしてきたり 客引きしてきますが

それは 彼らの商売上当たり前のこと。 

あるとき 月ちゃんが 「バスに乗るの!」とタクシーの客引きを断ると

バスがくるまで 遊んでくれたあと

「よし!このバスに乗れ!」と

タクシーの運ちゃん総出で バスをとめて誘導してくれたり・・・

たぶん

大人だけの旅では タイの人の無償の優しさは

そこまで気づかなかったと思います。



image.jpg



さいごに おなじ日本人ですが

タイに駐在員として 住まわれている モカさんファミリー

モカさんとはインスタグラムを通じて 以前からネット上で交流していて

バンコクで 連絡をとってみたところ

なんと! 私たちが滞在するホテルと

通り一本ちがうだけの場所に 住まわれていることがわかり!!

「なんたる偶然!!」と 急きょお宅にお招きいただきました。

(写真は 初めまして。にもかかわらず仲良くしてくれた子どもたち)

モカさんに 私が感じた 「タイの人の優しさ」を驚きながら話したところ

「私も 日々感じます。

子どもがいたからこそ交流がふかまった人たちがたくさんいます。」と

話してくれました。

みんながみんな 子ども好きというわけではないと思うので

出逢った人みんなが偶然「いい人」だった。 と言われてしまえば

そうかもしれません。

でも 息子との短期間の滞在の中で いっぱいの優しさを感じたのはたしかで

少なくとも わたしは日本に帰ったら 外国の人への接し方を見習おうと

思わせてくれる 体験でした。






***  毎日配信してます ***

「フォロー」していただけると嬉しいです。 

Instagram → 

Facebook →  



● ● ● ● ● つきまる雑貨店 ● ● ● ● ● 



東京都杉並区松庵3−31−3

西荻ハイツ101

03−6478−9155

通販・HP → 

お問い合わせメール →



● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●




posted by otsukisan at 16:14| 旅にっき